<第 2 章> 予     算
お庭のイメージは決りましたか?

では次に、お庭にどれくらいお金がかかるのか調べてみましょう。

業者に見積りをお願いする際に、注意するポイントは?

お庭に既製品はありません。その土地の地形、気候や風土、その他様々な要因に応じて作るため、
すべてがオリジナルです。そのため、満足のいくものを作るにはそれなりの費用が必要です。
出きるだけ安く、良いお庭を作るコツは、一度で完成させないことです。
例えば、最初から大きな植木を入れるより、小さな植木を入れて徐々に大きくしていったほうが
材料も手間も抑えられます。
また、今回はメインになるところだけ作って、他はまた次に、というのもひとつの方法ですね。
長くお庭と付き合っていく気持ちで少しづつ進めていくほうが、より満足のできるお庭になります。
 
工事には意外と目に見えない部分で費用が発生します。
作業環境によっては機械が使用できず手間が掛かったり、発生した土やゴミの処分なども掛かります。
材料だけで予算をみてしまうと、とんでもない見積りが来てビックリするかもしれません。
ある程度余裕を見て予算を組むと良いでしょう。
 
業者に見積りをお願いするときは、必ず現地を見てもらい話しをしたほうが賢明です。
業者によってどこまでお庭を作りこむか考え方が違いますので、安くても安易に決めてしまうと
後でトラブルになりかねません。
『一緒にお庭を作っていこう』という姿勢が伺える業者を選ぶ事が大切です。