施工事例1
宮前区 S邸
 
施工前


新築したばかりの宮前区S様より、作庭の見積依頼があり、さっそくお伺いしました。

施工前のお庭の状況は、ご覧のように起伏があり、風で砂埃が立つような状態でした。
S様のご要望としては、出来るだけ手入れの必要がなく、圧迫感のない庭を作ってほしいとの事でした。

目隠しの必要が無いため、庭木は出きるだけ樹高を抑え、将来的にメンテナンスが楽な株立をご提案いたしました。
芝刈りの手間を避けるため、地被植栽にはタマリュウを使うことになりました。

なお、子供達が遊べるように、庭の中央部分に小舗石(ピンコロ)のサークルを設けることになりました。
 
施工後


施工後の写真です。

サークルの面積を出来るだけ広く取ったので、ここでバーベキューをすることもできます。

写真中央はモミジの株立です。
背丈が低く、なるべく横幅のあるものを選びました。
アーチ状にピンコロを並べ、植栽帯とのボーダーにしました。

また、ご家族で楽しめる庭になるよう、写真左の一角に家庭菜園を設けました。

ここは菜園としてだけでなく、季節のお花やハーブを植えて、気軽にお庭と触れ合うことが出来ます。
ピンコロの色合いは建物の色と違和感がないように気を使いました。

所々、ワンポイントで濃い色が入っています。
玄関からのアプローチには、両側に玉物の低木を植えました。

全体的に四角いイメージのお庭が丸みをおびた優しい印象に変わりました。
[閉じる]