施工事例24
宮前区 N邸
 
施工前

宮前区にお住まいのN様より、作庭のご相談を頂きました。

まだ新築なされたばかりで、ご覧のようにお庭は裸地の状態です。

雨が降ると靴を汚してしまうので、何かしらの舗装をしたいとのお話でした。
舗装にあたって、洋風にするか、和風にするか、お悩みの様子でしたので、当社から両方のイメージをご提案しました。

N様とお打合わせの上、今回は洋風の敷石を施工することになりました。
道路側から撮影したところです。
こちらは裏口の通路になるのですが、既存のコンクリートが泥で汚れてしまっています。

この部分についても、一度取壊して同じ敷石にすることになりました。

少しもったいない気もしますが、お庭のスペースを有効に活用するとともに、視覚的にも広く見せる効果があります。
 
施工中

敷石の施工状況です。使用する石材は、なるべく凹凸が少なく、色合いの暖かいものを選びました。

写真奥の中心部分は、変化をつけるため、これからサークルを設置していきます。
 
施工後

敷石後の風景です。

裏口からのアプローチも、ご覧のように広く、スッキリとしました。
サークル部分です。

四角い敷石のみだと単調で、角張った印象になりがちですが、丸みをもたせることで、お庭にちょっとした楽しさをプラスしてくれます。
洋風庭園で今、一番人気のシマトネリコや、ソヨゴ、コニファー、レッドロビンを配植しました。
比較的生長の遅い樹種を選んだので、メンテナンスの手間はあまり掛からなくて済みそうですね。

N様にも大変満足していただけました。
[閉じる]